オリファンブログ〜おりのすけ〜

野球ファンの野球ファンによる野球ファンのためのブログ。YouTube(現地撮影動画)、Instagram(現地撮影写真)、Twitter(試合実況)も毎日更新。「オリファンブログ」で検索

【TV観戦】2017.3.9 侍JAPAN vs オーストラリア 〜5回岡田俊哉投手の件〜

f:id:orixfanblog:20170324114421j:plain

お世話になります。おりのすけです。

 

昨日は無事勝利し、1次リーグ突破をほぼ確実にしましたね。

おめでとうございます!

中国戦も頑張ってください!

TVの前で応援してます!

 

9回裏、4対1、日本3点リードでマウンドに上がったのは牧田和久投手でした。

2017侍JAPANの抑え投手は牧田投手なんですね。

WBC開幕前、小久保裕紀監督は「困った時の牧田」とおっしゃっていたので、てっきり抑えは秋吉亮投手、千賀滉大投手、松井裕樹投手、平野佳寿投手のいずれかの投手だと思っておりました。

結果、牧田投手はピシャリと3人で抑えましたね。

投球テンポの早さや94キロのカーブが印象的でした。

緩急と投球術で抑える新時代のクローザーでしょうか。

 

 

さて、それでは本題に移りたいと思います。

岡田俊哉投手が5回裏、4対1で日本3点リード、1死1・2塁の場面で登板しました。そして、その岡田投手の投球が非常に気になりました。

先頭の1番カンディラス選手に対し、直球、変化球共にストライクが入りません。

結果、ストレートのフォアボールを与え、1死満塁に。。。

ここで、権藤博コーチがマウンドへ向かいます。

次打者の2番ペレスフォードに対する1球目。ワンバウンドする完全なボール球。そして、2球目。ストレートが高めに。これも明らかなボール球でカウント2ボールとなりました。

「押し出し覚悟で仕方ないなー。安易にストライクを取りに行くと痛打される。。。」

ここで、小林誠司捕手がマウンドへ行き、一呼吸。

続くカウント2ボールからの3球目。外角のストレート(ストライク)を打者はひっかけてくれました。結果、4−6−3のダブルプレーで九死に一生を得ました。

 

岡田投手は25歳のまだまだ若手の投手です。一瞬イップスのようになり、野球の怖さを感じました。中日ファンの方は特に固唾を吞んで戦況を見守っていたのではないでしょうか。

日本代表選手は尋常ではないプレッシャーを背負って戦っているんだと思います。

また、小林捕手が2ボールになった時点でマウンドへ駆け寄った際、バッテリーの心の繋がりを感じましたね。

 

何はともあれ1次リーグ突破はほぼ確実となりました。

中国戦も全力で勝ちにいくと小久保監督は言っていたので、全勝優勝を目指して頑張って欲しいです。

まだ未出場の選手も中国戦では積極起用されそうかな?

楽しみにしております。

  

以上。

おりのすけでした。