オリファンブログ〜おりのすけ〜

野球ファンの野球ファンによる野球ファンのためのブログ

【TV観戦】2017.3.12 侍JAPAN vs オランダ 〜オランダ代表は熱男集団&スポーツマンシップの象徴!?〜

f:id:orixfanblog:20170324115841j:plain

お世話になります。おりのすけです。

 

昨日は見事勝利し、2次ラウンドを白星で飾ることができましたね。おめでとうございます!

小久保監督が勝利インタビューの際、「死闘でしたね」と涙ぐみながらおっしゃっていたのが印象的でした。

代表監督の重圧は計り知れないものがあるようですね。どんどん顔が老けていっているような気がして心配です。

なんやかんやで本戦全勝で来ております!

 

 昨日の試合は決勝戦!?と錯覚するほどの激闘であり両チーム全身全霊のプレーが目立ちましたね。そして、爽やかでもありましたね。「こういう試合が観たかったんだ」と思いました。選手の皆さんはお疲れだと思いますが、、、

 

さて、本題に移りたいと思いますが、昨日の試合、あえてオランダ代表にフォーカスしようと思います。

(オランダ代表の軽〜い概要は下記記事でまとめているのでもし宜しければご覧ください。) 

www.orixfanblog.com

なんといってもバレンティン選手!シーズン中とは少し違う!?真剣な顔つきですよね。もちろんシーズン中もたまに代表バージョンの顔つきになることもありますが、、、

本気のバレンティン選手は手がつけられない雰囲気がありますね。そのバレンティン選手が3回裏、5対3で日本2点リード、2死2塁の場面で打席に入りました。ホームランが出れば同点です。日本の先発、石川歩投手の内角のシンカーを捉え、レフトポール直撃のホームランを打ちました。おそらく狙っていなければ打てない球だと思います。。。

ホームインしたあと、オランダ代表の選手達がベンチから飛び出し、バレンティン選手を中心に群がっていました。「オランダ代表の選手全員熱男やんけ、、、」って思いました。

 

そして、シモンズ選手!

7回裏、6対5で日本1点リード、1死1塁の場面、日本のピッチャーは松井裕樹投手、対するオランダのバッターは3番打者のボガーツ選手でした。外角のストレートを捉え松井投手の右をゴロで抜け、センター前ヒットだと思われた打球をセカンドの菊池涼介選手があり得ないスピードで打球にダイブし、キャッチ。そのまま地面に倒れこみ、起き上がる反動で逆グラブトスで2塁へトス。1塁ランナーを2塁フォースアウトにするビッグプレーが生まれました。凄すぎました。その際、オランダベンチがテレビに映っていたのですが、メジャーを代表する遊撃手のシモンズ選手が拍手していました。おそらく菊池選手のプレーに対する拍手だと思いますが、敵チームが称賛するほどのプレーであったことの証でもありますし、何よりも相手のプレーを称えるその姿勢がスポーツマンシップを感じました。

 

オランダ代表とは決勝トーナメントで再戦する可能性もあります。その際はもっと熱い試合が観られるのではないでしょうか!?(今日の試合より熱い試合はもう想像がつきませんが、、、)

 

以上。

おりのすけでした。