オリファンブログ〜おりのすけ〜

野球ファンの野球ファンによる野球ファンのためのブログ。YouTube(現地撮影動画)、Instagram(現地撮影写真)、Twitter(試合実況)も毎日更新。「オリファンブログ」で検索

【TV観戦】西武 vs オリックス 1回戦

f:id:orixfanblog:20170405113304j:plain

お世話になります。おりのすけです。

 

昨日、西武 vs オリックス1回戦をTV観戦しました。

このカードは2連戦です。しかも2戦目は14時試合開始のデーゲームになります。

西武は開幕カード2勝1敗で本拠地であるメットライフドームに戻りました。

オリックスは本拠地開幕3連敗で遠征となりました。

オリックスとしてはとりあえず1勝したいところ。

結果としては7対3でオリックスが勝利しました!!

 

両チームのスターティングラインナップは下記の通りでした。(敬称略)

オリックスバファローズ

1番 安達了一  遊撃手

2番 西野真弘  二塁手

3番 小谷野栄一 三塁手

4番 ロメロ   右翼手

5番 T-岡田   左翼手

6番 伊藤光   一塁手

7番 中島宏之  DH

8番 駿太    中堅手

9番 若月健矢  捕手

 

中島選手がクリーンナップから下位打線へ行き、

小谷野選手が3番、T-岡田選手が5番に入りました。

小谷野選手、ロメロ選手、T-岡田選手で3・4・5番を形成するクリーンナップとなりました。

 

西武ライオンズ

1番 秋山翔吾   中堅手

2番 田代将太郎  左翼手

3番 浅村栄斗   二塁手

4番 中村剛也   三塁手

5番 栗山巧    DH

6番 メヒア    一塁手

7番 木村文紀   右翼手

8番 炭谷銀仁郎  捕手

9番 源田壮亮   遊撃手

 

西武は開幕戦から4試合上記オーダーで固定されています。

3番浅村選手、4番中村選手、5番栗山選手、6番メヒア選手が当たっていますが、それ以外の選手は開幕3戦では当たっていません。

クリーンナップに警戒しつつ、当たっていない選手を目覚めさせないことが大切でしょう。特に1番秋山選手に当たりが出だすと西武打線が回り始めます。

 

 

それでは、昨日の試合で目立った選手を紹介します。

 

 

西野真弘選手

開幕3戦ノーヒットだった西野選手には期待がかかっていました。見事4安打1打点で開幕3戦の鬱憤を晴らすかのような活躍でした。オリックスの安打製造機がついに目覚めました!!

しかも、1打点は3回表2点ビハインドの1死1・3塁の場面でした。あの追撃の一打で流れがオリックス寄りに傾きましたね。

 

ディクソン投手

5回3失点で勝利投手になりました。

初回に今季初登板の緊張があったのか、四球や自らのエラーもあり、2失点しました。

しかし、2回以降は得点圏にランナーを進められるも、要所を締めるピッチング。

5回に浅村選手にソロホームランを打たれ、計3失点となりました。

ディクソン投手は昨年から西武戦5連勝。結構打たれましたし、3四球でしたが、3失点にまとめました。

これも相性なのかもしれません!!

 

小谷野栄一選手

2打点の活躍。

1打点目は、上記西野選手が2点ビハインドの場面で追撃の一打を放った直後。なので、2対1で1点ビハインドの1死2・3塁の場面でした。なんとか追いつき試合を振り出しに戻したいというところで、西武の内野陣は前進守備ではありませんでした。ゲッツーもない場面なのでショートゴロorセカンドゴロでも1点のケース。小谷野選手は見事ショートゴロを打ち、最低限の仕事を果たしました!!さすが小谷野選手!!さすがベテラン!!さすが仕事人!!という一打でした。

2打点目は、2対2の同点で無死1・3塁の場面。ライト前ヒットで勝ち越しの一打になりました。なおも無死1・3塁でロメロ選手に繋ぎました。

 

ロメロ選手

上記小谷野選手が勝ち越し打を放った直後、無死1・3塁から3ランホームランを放ちました。オープン戦では活躍していたものの、開幕後、少し物足りないなーという成績だったので、ファンとしても安心しました。結果的にロメロ選手のホームランが試合を左右しました。

 

海田智行投手、吉田一将投手、黒木優太投手、平野佳寿投手

ディクソン投手が5回3失点で勝利投手の権利を得て降板した後、6回海田投手、7回吉田投手、8回黒木投手、9回平野投手が無四球ノーヒットリレー!!

パーフェクトリリーフです!今年のオリックスの勝利の形を示した1勝ではないでしょうか!?

内野ゴロでもなんでもいいので1点を積み重ね、その1点を投手を中心とした守りで守り抜く!!

ホームランが2本も出ればもうこっちのものです!!

 

中島宏之選手

8回表、6対3で3点リードの場面、駄目押しになるか!?というソロホームランを放ちました。西武ドームでのホームランは久々のようです。開幕3試合は3番を打っていましたが、昨日は7番で一発が出ました!今後の打順に注目です。

 

 

両チームの打線について簡単にまとめます。

 

オリックス打線

1番安達選手、2番西野選手が機能し始めました。1・2番で9打数5安打1死球です。エンドランも成功しました。そろそろ単独スチールも見てみたいですね(炭谷選手から走るのは難しいかもしれませんが、、、)。

そして、3番小谷野選手、4番ロメロ選手で5打点。出塁したランナーをクリーンナップがしっかりと返せました。

5番のT-岡田選手が昨日はノーヒットでしたが開幕3戦で2本のホームランを放っており、期待できる状態です。

6番、7番には好調の伊藤選手とホームランを放った中島選手がいます。

8番には開幕3戦目にいい形のライトオーバーを放った駿太選手がいます。昨日も2安打と確実に調子は上向きでしょう。

9番の若月選手ですが未だヒットが出ていません。その上、守備の際、メヒア選手が空振りした後のバットが頭部に当たり、途中交代しました。本日のvs西武2戦目の出場は見送られるとの見通しです。とりあえず安静にしていただいて何もないことを祈ります。若月選手のためにも2戦目も勝利しましょう。

 

西武打線

3番浅村選手、4番中村選手、5番栗山選手が好調です。

クリーンナップの前にいかにランナーを置くかが非常に大切です。

そのため、1番秋山選手、2番田代選手の出塁が鍵になります!!!

なので、1番秋山選手を眠らせたまま2連戦を終えることが大切です。

2番はオリックスとしては引き続き田代選手を起用してくれると助かるかな!?という印象です。ただし、油断は禁物です。

 

以上。

おりのすけでした。