オリファンブログ〜おりのすけ〜

野球ライターおりのすけです。YouTube(現地撮影動画)、Instagram(現地撮影写真)、Twitter(試合実況)など毎日更新中。各種SNSはブログ記事内で毎回紹介中。

【TV観戦】ロッテ vs オリックス 2回戦

f:id:orixfanblog:20170414151841j:plain

お世話になります。おりのすけです。

 

一昨日、ロッテvsオリックス2回戦をTV観戦しました。

結果としては4対6でオリックスが敗れました。

これにより、シーズン6勝4敗の成績。

6連勝でストップしました。

両チームのスターティングラインナップは下記の通りでした。(敬称略)

 

オリックスバファローズ

1番 宮﨑祐樹  中堅手

2番 西野真弘  二塁手

3番 安達了一  遊撃手

4番 ロメロ   DH

5番 小谷野栄一 三塁手

6番 T-岡田   左翼手

7番 中島宏之  一塁手

8番 伊藤光   捕手

9番 駿太    右翼手

先発 松葉貴大

 

千葉ロッテマリーンズ

1番 伊志嶺翔大  中堅手

2番 鈴木大地   二塁手

3番 角中勝也   右翼手

4番 井口資仁   DH

5番 パラデス   左翼手

6番 井上晴哉   一塁手

7番 ダフィー   三塁手

8番 田村龍弘   捕手

9番 大嶺翔太   遊撃手

先発 スタンリッジ

 

 

それでは、怒プレイを紹介します。

 

中島宏之選手

初回、0対0、2死1・2塁の守備

前回登板好投の松葉投手の立ち上がりをぶっ壊すプレイをしてくれました。

ボテボテのサードゴロに打ち取り、サードの小谷野選手の送球は打者走者のパラデス選手と重なるようになりました。中島選手はおそらく捕球するタイミングでパラデス選手とぶつかるタイミングになるため、しっかり捕球できず落としてしまいました。あの捕球は「気」が入っていれば捕れる球ですし、あれが捕れないならファーストは守れません。

結果、2塁ランナーは生還し、なおも2死1・3塁となりました。続く好調の井上選手にタイムリーを浴びました。あのプレイのせいで好調の井上選手に回してしまったこと、そして、タイムリーを浴びたことがもったいない。

その後、死球→四球の連続で押し出しとなり、3失点。

あの場面、中島選手が普通に捕球してくれていれば、無失点で初回のピンチを防いでいました。立ち上がりを味方に潰され、なんとも気の毒な松葉選手でした。

それだけでなく、6回にはセーフティスクイズでファーストの中島選手の前に上手く転がされました。ホームにはほぼ100%間に合わないと全員が思ったと思いますが、ホームに送球し、余裕のセーフ。そして、1塁もセーフとなりました。うーん。。。

打撃は2安打しましたが、守備につかせるリスクを考えるとDH専門で起用すべきだと思いました。DH以外ならば代打要員でいいと思いました。あのプレイはそう思ってしまうほど気がないプレイに感じてしまいました。

松葉投手が前回登板で素晴らしい投球だったこともあり、今回立ち上がりをあのような形で潰されてしまったことが残念でした。今回も投球自体は悪くなかったと思います。打者のタイミングが合わずボテボテの打球がセーフティバントのような当たりになって不運なヒット等が多かったです。今回のことは忘れて次回もいいピッチングを期待しています。

 

 

続いて、喜プレイを紹介します!!

 

宮﨑祐樹選手

打ちすぎです!!!

打席での集中力が高いのでしょうか!?

現在ゾーンに入っていますね!!

 

駿太選手

ヒットを量産しています!!

この日も2安打!!

2ストライクに追い込まれてからは足を上げず、すり足打法のようになります。ミートに徹するというやつです。その打法でもしっかり打てています。これが率に繋がっているのかもしれません。

 

 

オリックス得点パターン

とにかくパターン

「四球等でとにかく出塁→犠牲バントor進塁打でとにかく走者を得点圏へ→犠牲フライ等でとにかく得点」

 

手っ取り早くパターン

「ホームランで得点」

 

一昨日は①パターンで得点を奪いました!!

3回にヒットを繋いで1得点。

4回に①パターンで2得点。(タイムリー&セーフティスクイズ)

7回にも①パターンで1得点。(犠牲フライ)

 

 

オリックス勝利の5箇条

先発投手が試合を作ること。

→❌松葉投手6回6失点(守備のミスが響きました)。

 

上記得点パターンで先制点を取ること。

→❌守備のミスで先制点を奪われました。

 

先制点or逆転を許しても5点差以上離されないこと。

3点差以上は離されませんでした。

 

上記得点パターンで試合をリードすること。

→❌ヒットを繋いで得点、セーフティスクイズで得点、犠牲フライで得点等、オリックスらしく1点ずつ得点することはできましたが、リードすることは出来ませんでした。

 

投手を中心とした守りでリードを守り抜くこと

→❌一度も試合をリードすることは出来ませんでした。

 

③は達成できたものの、勝利の5箇条を達成できず敗戦しました。

オリックスらしく1点ずつ得点することはできていたので、いらない失点を減らすことが大切です。

次回の松葉投手登板試合はオリックス打線が今日のお詫びに得点してあげて欲しい!!

 

以上。

おりのすけでした。