読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリファンブログ〜おりのすけ〜

野球ファンの野球ファンによる野球ファンのためのブログ

バファローズを為替チャートに例えてみた

f:id:orixfanblog:20170515110637j:plain

お世話になります。おりのすけです。

本日は軽めに投稿します。

「オリックスファンとして現状をどう捉えるか!?」 

 

 

おりのすけは為替チャートを思い出すようにしています。笑

あの心電図のように波線が上がったり下がったりする例のアレです。

 

 

3・4月が珍しく好調で貯金が2ケタに達するか!?といった状態だったので、チャートとしてはまさに上昇トレンドでしたね。

それもあり、現在の「借金1」という状態はまさに目を覆いたくなりますよね。。。

 

 

今季最高値「貯金8」

今季安値「借金3」

という状態で、貯金8までは上昇トレンドが続いておりましたが、

現在は下降トレンドが続いているという状態です。

 

 

おりのすけとしては、今季最安値である「借金3」を下回らなければまだまだ盛り返すチャンスはあると考えております。

 

 

しかし、「借金3」の今季最安値を更新するようだと、下降トレンドは今後も続きそうだなと心配になりますね。

 

 

では、現状の下降トレンドを上昇トレンドに転換するためには、どのような材料が必要か!?

 

・第一に、「仕切り直すこと」だと思います。具体的には、先週の6連戦は全敗戦でしたね。。。なので、今週初戦の5/16(火)がまず相場転換点になるポイントでしょう!!

 

・第二に、ロメロ選手・吉田正尚選手・安達了一選手の復帰でしょう。やはり、上記3選手は主力選手ですので、彼等の活躍なしに相場転換させるのは容易ではないように感じます。

 

・第三に、上記3選手、既に活躍済み選手以外の奮起でしょう。上記3選手は今後の活躍でオリックスの浮沈の鍵を握ることは明らかですし、打撃陣では、小谷野選手、T-岡田選手、中島選手、駿太選手は既に活躍していますが、オリッックスの現状は下降トレンドです(上記選手の調子下降がチーム下降の要因とも言えますが)。なので、それ以外の伏兵と言える選手の台頭が相場転換点となるでしょう(1ヶ月前の宮﨑選手の様に)。

 

 

とは言うものの、ファンは球団を信じ、応援することしか出来ません。私はオリックスバファローズが好きなので色々と分析もしてしまいますが、最終は根性論的なファンの応援がチームの力になることを信じています。

 

 

良い時もあれば悪い時もあります。

今は悪い時です。4月の調子が続けばとも思いましたが、そうならないから野球は面白いのかもしれません。

4月絶不調の日ハムが5月は絶好調です。

オリックスも今は絶不調ですが、必ず調子を戻してくれると信じています。

しかし、まだまだ底があるかもしれません。

それでも、おりのすけは応援し続けます。

 

以上。

おりのすけでした。