野球ライターおりのすけ

全ての野球好きに捧げる

【対決】斎藤佑樹 vs 清宮幸太郎

f:id:orixfanblog:20190207184407j:plain

おりのすけブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
当ブログは、オリックスバファローズファンだけではなく、
全てのプロ野球ファンに"おりのすけ目線"でお届けします。

 

前回の記事はコチラ。
「福良淳一氏の改革」について。

www.orixfanblog.com今回は、おりのすけコラムとなります。
ズバリ!!今回のテーマは「斎藤佑樹と清宮幸太郎の対戦」について。
Twitterで言及したものがコチラ。

日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手(19)が、参加中の米アリゾナキャンプにて早実の先輩・斎藤佑樹投手(30)とフリー打撃で対決。

清宮選手は斎藤投手の高めの直球をはじき返して左翼への一発を放った。
清宮選手は早実初等部1年時に、06年夏の甲子園決勝の早実対駒大苫小牧の再試合を見て野球の道を志したこともあり、斎藤投手は憧れの1人。「いろいろと思うところはありました。対戦する以上は打つ気持ちは常に持っていました」と振り返った。

19球を投じて安打性の打球3本に抑えた斎藤は、「こういうシチュエーションはなかなかない。(先輩後輩としての意識は)切っていると言うべきでしょうけど、切れないですよね」と意識した様子。清宮選手については「いいバッターという雰囲気はありますよね。初めて投げましたけど、そういう雰囲気がある。投手として、投げていたら楽しいバッターだなとは感じます」と印象を語った。

これに対し、栗山英樹監督は「楽しかったです。単純に楽しかった。プロ野球というのはこれだけ世代間があってやるものなので。結果に関しては大先輩に関係なく勝負しなければいけない世界。そういうの含め野球を楽しんでもらえればいい」と笑顔を見せたようだ。
斎藤投手に関しては「佑樹に関しては覚悟して入って来てるのは分かっている」と語った。
清宮選手に関しては「幸太郎に関しては手首のこと気になっていたけど、これで上げられると思って背中こっち来てから押し続けている。あとは本人がこっちの『なんで覚悟させてやっているか』というのが伝わっていると思う。それは彼が打って表現してくれるしかない」と語った。
加えて、「バッターこの時期初めてピッチャーみるから大変なのはわかるけど」と前置きしながらも「どっちかに文句多いんだったら、幸太郎に文句多いけれど。まぁそれはゆっくりと」と清宮に“ダメ出し”した。
さらに、「明らかに競争は起こっているとこっちは思っている。僕が決めるではなく、自分で試合に出てくださいということはお願いしてる。それがいい形に進んでくれれば幸せです」と語った。
<出典:スポーツ報知>

【日本ハム】斎藤と清宮の“早実対決”が実現 清宮が逆方向に本塁打(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
<出典:Full-Count>

日本ハム栗山監督、“斎藤VS清宮”の勝敗は? 「幸太郎に文句多いけど」(Full-Count) - Yahoo!ニュース

おりのすけが栗山監督に対し、いつも思うことがあります。
それは、選手に対する想いが溢れてしまうことです。
「監督」という職と真摯に向き合っているからこその"栗山スタイル"だと思います。
例えば、現在メジャーリーガーとして活躍している大谷翔平選手の大リーグ表明会見の際、会見を会場の外から見つめていた姿がカメラに捉えられておりました。このように選手に対する想いが溢れているなーと思うシーンが栗山監督は多いんです。
ヒーローインタビューをベンチに残って眺める監督なんて今まで見たことありませんでした。
おそらく選手がそこでどのような発言をするのかを観察しているのだと思いますが、時々、感極まって涙するシーンもあり、想いが溢れているなーと思うわけですね。
逆に言うと、栗山監督の想いが溢れる選手になれば起用も増えるため、選手にとってはチャンスです。
今後も栗山監督の選手に溢れる想いが止まらないでしょう。
おりのすけはこれからもその思いを観察していきたいと思います。

 

 

YouTubeも毎日投稿を継続しております。


【吉田正尚】2018.5.27 この日ヒーローに選ばれた活躍を追う

おりのすけブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございました!!
当ブログは、野球好きの方々に毎日読みたいと思っていただけるように頑張ります。
かつてのスポーツ新聞の役割を野球ライターおりのすけが担おうと考えております。
通勤電車や休憩時間等の暇つぶしに最適な野球関連記事をこれからも投稿します。
どうぞおりのすけをよろしくお願いします!!

おりのすけは、オリックスバファローズファン歴20年以上の野球ライターです。
各種SNSを通じて、オリックスバファローズファンだけではなく、
全てのプロ野球ファンの方々に楽しんで頂けるようなメディアを目指します。
ブログでは、毎日チェックしたくなるような"おりのすけ目線"の記事を更新します。
YouTubeは、もうすぐ200万再生を突破します。これからも変わらず、現地の臨場感をお届けします。
Twitter・Instagram・Facebookもぜひぜひお気軽にフォローして頂ければ嬉しいです!!

野球ライターおりのすけの各種SNSは下記リンクよりご覧ください。

【URL一覧】
YouTube:

www.youtube.com


Twitter:

twitter.com


Instagram:

www.instagram.com


Facebook:

www.facebook.com


Blog:

www.orixfanblog.com